カンジダ菌の感染

カンジタ男性完治セット


カンジダ菌の感染と主な症状

 

女性の場合カンジダ症を発症すると大陰茎や小陰茎から膣前庭に至るまで幅広い部分に炎症が起きるようになります。

 

また、カンジダ膣炎を発症することもあります。

 

このカンジダ膣炎の症状というのは、外陰部の痒みや性交痛が挙げられます。

 

症状が重い場合には外陰部が炎症を起こすことで赤くなってしまったり、ヒリヒリすることもあります。

 

次第に排尿痛を起こすこともありますので、症状が出れば比較的わかりやすいといえます。さらにカンジダ膣炎を発症するとおりものに変化が出るようになります。

 

おりものが乳白色やクリーム色になるようになりますので、普段から観察していればすぐに気付くことができるでしょう。このおりものが乾くと黄色い色に変化します。

 

おりものが白い固まりになって発生することもあります。

 

この固まりは、ヨーグルトやカッテージチーズのようなもので、とても目立ちます。

 

カンジダは、症状がなくなった段階で完治といえますが、再発することも多いですので、普段から免疫力の低下や生活習慣の改善などによって、体力をつけておくようにしましょう。

 

そうすればカンジダ菌の増殖を抑制することができ、カンジダ膣炎を発症することもありませんよ。

 

 

男性性病と感染者

 

 

日本で感染者が特に多い性病といえばやはりクラミジアになります。

 

昔は目の病気として広く知られていたのですが、近年では目に感染することは非常に少ないと言われています。

 

クラミジアの症状ですが無症状で感染していることにすら気づかないことが多いようです。

 

女性の感染者の約7割が自覚症状がなく、男性の場合には5割の方が自覚症状がないようです。

 

自覚症状がでた場合の症状ですが、男性の場合には感染してから1週間から1ヶ月で症状が現れるようになります。

 

そして次第に尿道が赤くなってしまい、炎症を起こすようになります。

 

 

排尿時に痛みを感じるような場合にはクラミジアに感染している可能性は非常に高いといえます。

 

さらに、排尿時に軽く痛みを感じるようになります。

 

治療をすることなく放置していると睾丸が膨れ上がってしまう副睾丸炎を発症することもあります。

 

クラミジアの感染経路ですが、主に性行為によるものです。

 

クラミジアが感染する部位というのは性器や目、口といった粘膜になります。

 

クラミジアを予防するためには、性行為時にはコンドームを終始着用することが重要になります。

 

しっかりとコンドームを着用していれば、クラミジアに感染することはありませんので、よく覚えておくようにしてください。

 

 

カンジダ完治