カンジダ性包皮炎

カンジタ男性完治セット


包茎に多いカンジダ性包皮炎のリスクを下げる方法

 

仮性包茎の人が疾患のリスクを高めているカンジダ性包皮炎は、亀頭にさまざまな症状が出現するのが特徴です。

 

治療期間は比較的長く、数か月に及ぶのが一般的です。

 

亀頭が乾燥して割れて見えたり、赤い斑点のようなものが環状溝にかけて現れることもあります。

 

見た目にも普通とは言えない白いカスが大量に貯まることも、発見のきっかけとなります。軽い痛みや痒みなどからも、発見に至ることはあるのです。

 

治療はカンジダ菌に効く薬を使用します。清潔を求められることはありますが、念入りに石鹸で毎日こすり続けると、逆効果になってしまうことがあります。

 

自分で治療開始を行うこともできますが、可能であれば医療機関に受診して、最適な方法を指導してもらうのが、早期の改善に役立つのです。

 

 

一度受診すると、市販薬でも同じような効果を得ることができる薬が、通販やドラッグストアで購入ができます。

 

カビの元を絶つことができなければ、カンジダ性包皮炎の改善には至りません。つまり、いかにして菌の活性化を抑えるかが、治療効果のポイントに繋がるのです。

 

 

包茎手術によって改善に向けた環境整備を行うことも可能です。もしも仮性包茎や真性包茎など、性器の悩みを持っているのであれば、リスク回避を行う上でも検討が重要です。

 

 

 

カンジダ真菌

 

菌っていうと、なんだか汚いイメージというか、悪いイメージがあったんですけど、

 

私たちの体の中にはたくさんの細菌がいて、

 

その細菌によって体を守ってくれているみたいなんです。

 

 

たぶん知らないだけで、たくさんの菌が体の中にいるんだろうなぁ・・・。

 

そういえば、真菌って言う菌の名前聞いたことありませんか?

 

 

真菌って、どんなに健康な人にでも存在している菌なんです。

 

粘膜とか皮膚とかにくっついているそうですよ。

 

普段真菌がいても、特に体に影響はないんですけど、免疫力が落ちて体の抵抗力が弱まった時や、

 

過度なストレスを感じている時なんかは、この真菌がぶわ~っと増えちゃうみたいなんです。

 

 

それが原因でカンジダとかになっちゃうんですね。

 

女性ならカンジダって結構身近なものじゃないかなぁ・・・なんて言ってたら

 

「カンジダなんてなったことないよ!」って言われたりして。

 

 

私はカンジダはよくなるんですよね。胸を張って言うものでもないんでしょうけど。

 

 

これも真菌の仕業なんですよ。カンジダ真菌って聞いたことありませんか?

 

最近はあまり再発しなくなったので助かってます。

 

妊娠を機に再発してしまってたんですけど、今は落ち着いていますね。

 

このまま再発しないでほしいもんです。

 

カンジダ完治